Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
戻らない時間を恨まずに済んだ…
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

戻らない時間を恨まずに済んだ… 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2011年8月 4日 23:11 ]     

Category  04-B. ひとりごと      BBS


小学校の頃からの友達から…
「鬱で入院した…」というメールが届いたことがずっと気になっていたので、、、
火曜日、つつじヶ丘のとある病院へ行ってきました。


正直な話、メールが届いたとき、辛かったです。。。
こうなった引き金は分かっていたし、予兆も感じて心配していたから。


今になって思うのは…
今回ほど、心配することは簡単だと思ったことはない」ということです。


彼は、8~9年ほど前に母親を病気で失ってます。
そのとき、自分は仕事がとんでもなく忙しい時期だったと記憶してます。


それでも、彼の自宅に行って、お線香をあげに行き…
小学校のとき以来かな。久々に彼のお兄さんやお父様と長話をして、帰ったと記憶しているのですが…
その後だと思います。彼の環境が少しずつ変わってしまったのは…。


電話やメール、年賀状でのやり取りは当たり前のように続けていたのですが…
自分が彼と最後に逢ったのはいつだろう…。気がつけば、5~6年の時が流れていたかもしれません。
思い出せないくらい、逢ってなかった。


その間の…ここ4年くらいだと思います。
気がついたときには、彼は仕事を辞め…お父様の介護に付きっ切りとなり、それに翻弄されてました。


そして、その状況が長く続く間に…
以前の自分自身を取り戻す手段も分からないくらいになってしまったのだと思います。
頭の中はそればかりとなり、次第に周囲の人間と逢ったり、連絡をとったりする機会も減り…半年前くらい前に電話で話したときは、「人に逢うのが怖い…」と口にするようになってました。


そんなときでも、連絡相手として…
こんな自分のことを選んでくれたことはありがたかったです。
人と仲良くすることはできるけど、苦しい状況に置かれたときに選ばれるというのは難しいもの。
彼以外、何人が選んでくれるだろう…正直な話、自信はありません。


だから、ただただ嬉しかった。


それなのに…ね。
就職してから時間とは常に格闘で、仕事を含め、色々なことで戦っていたのは確かですが、、、
今となればそれは言い訳でしかなくて…自分が上手くやれば、タイミングはあったと思うのです。自分は神様ではないから、完璧なタイミングという意味では難しいとは思うのですが、「彼に対して、自分がもっとサポートできることは多々あったのではないか…」という気がしてならなくて…。


彼には、心の底から申し訳ない気持ちでイッパイです。


…せめてもの救いは、彼が自殺という手段を思い止まってくれたことです。
病院で話をしたら、「首を吊ろうと試みた。でも、想像以上に辛かった」と言ってました。


ずっと心配していた自分の気持ちが、ギリギリのところで彼に届いたのかどうかは分かりません。
ただ、結果として、それだけは回避され、自分自身…安堵したことは確かです。


彼に自殺されたら、自分もバランスを崩したと思うし…
どれだけの涙がこぼれたのだろうか…」と思うと、想像しただけでゾッとします。。。


彼とは色々な思い出があるだけに、悔いるだけでは済みません。
戻らない時間を恨んだと思います。


過程はどうであれ…
生きる」という手段を選んでくれた彼のことを自分は心の底から感謝したいです。


そして、彼の友人の1人として…
今日書いたことを、一生忘れずに生きて行くことをここに誓います。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


1 Trackback

うつ病 症状・チェック

うつ病は、心が風邪を引いた状態です。 決して特別ではなく、心が弱ったときは誰でもかかる可能性があります。 うつ病は治療を受ければ治る病気なので、正しい知...


From うつ病治療法  [ 2011年8月10日 13:30 ]

Related Posts with Thumbnails