Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
深大寺と神代植物公園をブラリ
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

深大寺と神代植物公園をブラリ 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2011年11月 5日 13:28 ]     

Category  03-C. 国内旅行記@関東(首都圏近郊)      BBS


だるま

2週間ほど前の10月22日の話となりますが…
つつじヶ丘からバスに乗って、妻と一緒に深大寺へ行ってきました。実は、左記の2006年に母が自分のために購入した「良縁成就」と後頭部に書かれた“深大寺のだるま”を…無事叶ったので、「奉納しよう!」と思いましてね(※「ダイオキシン問題で、年末とだるま市以外の季節は本来は受け付けていない」とのことです)。

ちなみに、ウチから交通機関を使って、深大寺へ行くとなると…
電車とバスの短距離利用の繰り返しとなってしまうため、移動距離のわりに交通費が高くつくので…それを浮かせるため、そして運動のため、片道40~50分の距離を自転車で行くこともあります。そういえば、今年はGWに1人で自転車で往復してました…(;^^)

深大寺01 深大寺02 深大寺03

深大寺04 深大寺05 深大寺06

深大寺の歴史は古く、開創したのは733年。
都内では浅草寺に次ぐ古刹ですが、1646年と1865年に火災に遭ったため、堂宇の大半を失っており…現在の本堂は大正年間の再建されたもの。その点は残念な限りですが、いつ行っても賑わっている参道は個人的には好きですね。ここを訪れたときは、ツイ買い食いをしてしまいたくなるんですよね…。それがまた楽しかったりするのですが…(;^^)

そばごちそう門前02 深大寺08

そばごちそう門前03 そばごちそう門前04

その他、この参道では…
水木しげる夫妻が“調布在住”ということで、この深大寺でもNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」のロケが行われたのですが、その影響か、上段のような鬼太郎茶屋があったり(※おしながきがスゴイ!)…あと、江戸初期より350年余の長い歴史的評価と伝統を持つ下段の深大寺そばが楽しめることで有名です。自分たちは、今回はそばごちそう門前という店で食べてきました♪


神代植物公園にて

昼食後は、都立唯一の植物公園である…
神代植物公園へも久々に立ち寄りました。実は、つつじヶ丘~深大寺間のバスがピストン輸送状態だったので、「理由があるとしたら植物園だろう?」と思いまして。すると、偶然にも秋のバラフェスタ開催期間でした。人間たちは季節感を楽しみに来ますが、左記画像のワンちゃんたち、門の前でお留守番ですか…カワイソウに。。。

バラ01 バラ02 バラ03

バラ04 バラ05 バラ06

バラ07 バラ08 バラ09

バラ10 バラ11 バラ12

バラ13 バラ14 バラ15

上記画像の通り、色鮮やかなバラが見頃を迎えていたのですが…
独特の香りもバラの魅力。自分たちに限らず、来訪した方は皆、優雅な気分に浸ることができたのではないでしょうか。

ちなみに、この日は午前中一時的に雨が激しく降ったのですが…
自分たちが植物園へやって来た頃にはスッカリ止んでいたこともあり…幸運なことに、花弁に滴が乗り、花としての魅力が溢れんばかりの状態を画像として収めることができました。「最高のタイミングで来ちゃたなぁ…」と思ったのは言う迄もなく、撮り過ぎてしまいました…(;^^)

<Postscript>

バラフェスタ期間のためか、植物園内ではバラ絡みのお土産も色々と売っていたのですが…
自分たちは、ブルガリア生まれのバラのジュースを買いました。初めて飲みましたが、非常に飲みやすく、バラ独特の香りも優雅な気分にさせてくれます。個人的にはオススメです♪
(※2人共、良い気分になり、「来年もどこかでバラを楽しみたいね」という話になりました!)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-C. 国内旅行記@関東(首都圏近郊)」です。


Related Posts with Thumbnails