Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

2012年のBayStarsは…!? 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2012年4月 7日 12:35 ]     

Category  02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ      BBS


チーム名が横浜DeNAベイスターズへと…
そして監督は中畑清氏へと変わり、以下のようなメンバーで2012年のシーズンが始まりました。


【先発ローテーション】
◎高崎→ブランドン(→三浦)→国吉→山本→ジオ

【中継ぎ】
加賀、藤江⇒菊地、林⇒小林(太)、篠原、ハミルトン、大原(慎)

【抑え】
山口

【捕手】
◎黒羽根、鶴岡、新沼

【内野手】
渡辺(直)、◎石川、藤田、◎梶谷、◎中村(紀)

【外野手】
◎金城、ラミレス、◎荒波、◎森本、啓二朗、◎小池、内藤、北、下園


備考…◎:開幕戦スタメンメンバー


結果としては、開幕してから6戦…1勝4敗1分。
現在のところ、評論家の予想通り進んでますねw


ただ、投手陣に関しては、高田GMのおかげで…
藤井、林、菊池、ジオといった“実績がある投手”を獲得することができ…そこに、昨年唯一年間でローテーションを守った高崎や国吉の飛躍的な成長もあり、ボーダーラインの最低レベルは確実に上がりました。評論家の多くは最下位と予想しておりますが、投手陣に関して…「最近の下位チームの中では、図抜けている」と思います。個人的には、「結果が出なかったら即2軍落ちという…ようやく1軍メンバーらしい陣容になったな」と感じておりましたが、さすがに結果…出そうです。


さらに、本来であれば1軍にいるべきはずの…
江尻、牛田、藤江といったセットアッパーメンバーが1軍におらず、加賀とハミルトンが重要な役割を担っている状況です。加賀が既に2本ポカを食らっているからという訳ではありませんが、「今シーズンに限らず、リリーフの際にポカが目立つ傾向がある投手」という印象が個人的には否めないので、「最終的には先発に回すのがベストな選択ではないか?」と思ってます。ただ、現在のところ、先発陣が順調に来ているのと、ハミルトンが予想以上に奮起してくれそうな雰囲気なので、「当分、この体制は仕方ないのかな?」と思ってます。ただ、野手陣がパッとしないだけに、もう中継ぎの枠はもう1名増やした方が良いような気がします。


一方で野手陣…村田がFAで飛び出してしまいましたが、、、
個人的には、「チャンスに弱く、好投手が相手となると歯が立たないのに4番。しかも、守備の安定感もイマヒトツ…」という印象でした。そんな村田に代わって、ラミレスが入ったとき…「攻撃という意味では、間違いなくプラスだ!」と思ってました。


ところが、いざ始まってみると…
筒香がとある選手の投球ミス?により、ラミレスも古傷などで離脱となり、迫力が全く感じられない…まるで2軍のような攻撃陣で開幕を迎えてしまいました。さらに、残った選手を眺めてみると、似たタイプの選手が多く、「上手く使いこなすのは、相当大変だろうなぁ…」という印象を感じます。。。


開幕2戦目で、中村(紀)に6回で代走を出したシーン…
あれは普通のチームならばあり得ない采配かもしれませんが、今の野手陣では仕方ない采配だと思います。「意外とできる監督かな?」と思ったのですが、バントが苦手な金城などにバントを求めたり、逆に小池にはそれを求めず、強攻して失敗したり…細かいところを見ると、監督が次のワンプレーを考え迷っている間に、プレーが続行されていて、「あれれ…」となっている気もします。


セコイ野球を標榜する清監督ですが、、、
監督としては「もう少し慣れが必要かな?」という印象です。昨日は、広島のエースである前田健太に早速ノーヒットノーランを食らってしまいましたが…ここ3試合、野手陣は出塁することがやっとの状態ですから、さすがに大胆にスタメンを入れ替えても良い気がするのです。今シーズンは、「梶谷&石川の二遊間を1~2番で重用し、なんとか1人前としたい」という思惑があるのは分かるのですが、予告先発制度となった中で、6試合で1割がやっとではさすがに“解体”を考えて良いと思います。6試合スタメンを続けてからベンチ…これも良い勉強ですし、本人たちも仕方ないと思うはずです。


そう思うのも、「勝利に少し拘るならば、他に手があるのではないか?」と思うからです。
例えば、現在好調を維持し、小技も安定しているひちょりの先頭打者構想…これはベンチも明るくなると思います。あとは、不調時でも四球へと持って行くのが上手い、渡辺直人や下園のスタメン…これもあって然るべきだと思います。あとは、内・外野…臨機応変が利く小池に関して…攻撃面はあまり期待しておりませんが、不調の選手を休ませる目的も含めて、上手く使って欲しいです。


ちなみに、渡辺直人&藤田の二遊間コンビに関しては…
打てないチームの野球を観戦するならば、守備を徹底的に楽しみたい!」という個人的な思いもあるのですが、投手陣にとっても気分が楽になるはずですから。


…ってな訳で、色々と書きましたが、、、
個人的には今シーズンは60勝の大台に乗れば十分です! 正直な話、野手陣を勘案すると、これが今のチームの実力だと思うからなのですが、一方で…投手陣には、既に大胆なメスが入ってます。野手陣は、「この波がシーズン終了後に訪れてしまったら、来年以降レギュラーが確約されていないぞ…」という思いでもって、全力プレーを心掛けて欲しいです。

<Postscript>

1軍投手コーチ・デニーというのも、彼の現役時をよく知っている世代としては…
ボールをコントロールすることができない人がコーチって冗談でしょう?」と大爆笑せずにはいられませんでしたが、予想以上に老け…貫禄がつきましたねw。西武、中日のレベルの高い球団に止まらず、海の向こうでの経験…あとは、彼自身、相当な苦労を重ねた上で今がありますから、細かいことにも意外と気がついてくれそうで、「清監督に如何にも合いそうなタイプかな」と思ってます…最近は。今年はそういった観点でも、野球を楽しみたいなと思ってます。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails