Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
さくらの花が咲いた頃に
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

さくらの花が咲いた頃に 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2012年4月15日 11:40 ]     

Category  05-A. 自作小説/エッセイ系      BBS


美里の隣に座っている智香の様子が、週の最後の金曜日ということもあってか、
どうも落ち着かない。普段は、ユーザーからのシステムの問い合わせ電話に、時折笑顔を浮かべながら対応する彼女が、2時過ぎからだろうか。ひとつ済ませる度に、「フーツ」と大きなため息をついている。

30分ほど経った後、美里は再び智香の方へ目をやった。
智香はパソコンに向かって、今日あった問い合わせ履歴の取り纏めでもしているのかと思いきや、インターネットで都内のお花見スポットを調べている。彼氏との週末の予定でも考えているのだろう。


美里と智香は、4月で入社5年目を迎えた派遣社員だ。
2人の派遣元の会社は異なるが、飯田橋にある今の職場へ移ったタイミングがちょうど2年前の4月で、偶然にも一緒だった。以来、ずっと隣同士で仕事をしていることもあって、お互いの様子が普段とチョットでも違うとすぐ分かる。

4時頃になると、美里の問い合わせの電話も落ち着いてきたので、
智香にパソコンを介してメッセージを送ってみた。

「今日の智香、様子が変だけど…体調でも悪いの?」

業務中の私語にウルサイ上司がいるので、お互い会話をしたいときは、パソコンを使ってメッセージをやり取りする。

「そんなことないよ。今日は、午前中からパソコン操作が苦手な年配の人ばかり当たっちゃって、
 手取り足取りの説明が続いて疲れちゃったの…」

と、智香からメッセージがすぐに返ってきた。


その気持ちは、美里にも分かる。
年配の人たちは、入社したときからパソコンを使い慣れている世代と比べると、正しく理解してもらうまでに3~4倍の時間がかかる。

「そっかぁ、私も花粉症のせいで鼻声だし、5時30分を過ぎたら、
 すぐに自動音声案内に切り替えて、智香と一緒に上がっちゃおうかなぁ…」

「そうだよ、それがいいよ(笑)。
 でさ、外堀通り沿いのさくらの花も咲いてるし、隣の市ケ谷の駅まで一緒に歩いて帰らない?」

「それ、いいね。うん、分かった!」

と、美里はメッセージを送った。ただ、5時30分ギリギリを狙って、難しい問い合わせをしてくるユーザーもいるのではないかとつい身構えてしまう。1分でも早く上がりたいのは山々だが、この職場へ移ってすぐの頃、智香が2、3分フライングして、業務時間外用の自動音声案内に切り替えてしまったことがあった。翌営業日、このクレーム電話に当たったのは智香ではなく、美里だった。

「この間、5時28分に電話をかけたら、“本日の営業時間は終了しました”
 という音声案内が流れていたけど、御社って、そんな適当な対応をしているの?」

といった感じで、ネチッこく絡まれ、その対処に時間がかかったことを思い出してしまうのだ。
だから、美里は切り替え当番の日は、5時30分すぐではなく、いつも10分ほど様子をみて、店じまいしている。要領が良い智香には、「マジメだよね、美里って…」と呆れられるが、悪い記憶はそう簡単には消えるものではない。


5時30分のチャイムが鳴り終わると、すぐに智香から美里へメッセージが届いた。

「今日は4時頃から平和だしさ、もう切り替えてもよくない?」

「そうだね…大丈夫な気はするけど、5分だけいい?」

「了解、5分ね。絶対に5分だけだよ!」

念のため、智香に待ってもらったが、予想通り、電話の音が鳴ることはなかった。
美里は、普段より早く、業務時間外用の自動音声案内に切り替えて、智香と一緒に退社した。


2人が建物の外へ出ると、外堀通りを歩いているサラリーマンの姿がいつもより多かった。
智香と同じように、「さくらの花でも眺めてから家に帰ろうか…」と考える人は意外といるのかもしれない。

「この時期の外堀通りのさくら、綺麗だよね。私たち、今年で3度目の春だけど」

と、智香が口にした。

「そうだね。っていうか、智香と知り合ってから、もう3年目になるんだ…」

「あっという間だよね。なんかさ、外堀通りでさくらを見ていると、
 今の職場の面接を受けたときのことを昨日のことのように思い出すんだ」

「私も。あれ、3月の下旬だったし、さくらの花が咲いた頃、
 毎日ここに通えたらいいなってチョット思ったもん!」

「そうそう。でも、美里のように仲良くできる人がいるとは思わなかったけどね」

「あはは、新しい職場でも大丈夫かな…とか、私も色々考えた。
 今になってみると、智香が一緒で本当によかったよ」

と、口にしてから美里は思い出した。

「…そういえば、去年のこの時期も智香と外堀通りのさくらを見ながら、こんな話をしてなかったっけ?」

「あっ、そうだ。してた、してた!」

今の職場へ移る頃の話をしながら歩いている間に、
気がつくと、2人は隣の市ケ谷の駅へ辿り着いた。来年も、また同じような話を智香とするのだろうか。
さくらの花が咲いた頃に。

<Postscript>

春なので、今回のテーマは“さくら”だったのですが…
咲くときも美しく、散るときも美しい」というイメージ、あるかと思います。そのため、スポットを当てるならば、どちらか何れかに絞るしかないなと思っていたのですが…ふと考えてみると、年度が変わる4月に首都圏のさくらは開花することが多いので、「さくらを見ると思い出す…」といった切り口で今回は書いてみました。

ちなみに、市ヶ谷、飯田橋と場所をハッキリさせたのは…
サラリーマンやOLさんが、「朝と仕事帰り、1日2回さくらを楽しむことができる場所って、どこだろう…」と考えた結果です。

総武線から見えるさくら…
誰もが、「春になったんだなぁ…」と感じると思うのです。住宅地と地下の移動が主な通勤経路である自分としては、そんな季節感がない移動時間に物足りなさを感じるときがあります。こんな通勤ができる方のことを少し羨ましく感じます。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「05-A. 自作小説/エッセイ系」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails