Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

北鎌倉をブラリ 其の壱(円覚寺編/アジサイ) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2012年7月 7日 13:01 ]     

Category  01-D. 店探索系日記  *  03-C. 国内旅行記@関東(首都圏近郊)      BBS


北鎌倉駅01 北鎌倉駅02 北鎌倉駅03

北鎌倉駅04

少し前に、近所のアジサイ寺の記事を書きましたが…
画像の通り、実は昨年と今年…2年連続で北鎌倉にある円覚寺へも妻と一緒に足を運んでおりました。ウチの場合、鎌倉にお墓があるため、それだけのために行くのでは勿体ない…ということで、季節を感じられる時期に合わせて鎌倉を訪れてます。

ところで、北鎌倉駅のこと…あまり意識していない方も多いのかもしれませんが、、、
横須賀線は円覚寺の境内を通過していたりします。まずは、総門の逆側から撮ったものを敢えて意識的に並べてみました…(;^^)

円覚寺三門

臨済宗円覚寺派の大本山であり…
鎌倉五山第2位に列せられる円覚寺は、鎌倉幕府第8代執権・北条時宗が元寇の戦没者追悼や自らの精神的支柱であった禅道を広めるために、中国僧・無学祖元を招き、1282年に創建されました。ちなみに、最初に目につく円覚寺の三門は、三解脱門(空・無相・無願)の象徴といわれ、諸々の執着を取り払って佛殿(涅槃・解脱)に至る門とされてます。

円覚寺仏殿01 円覚寺仏殿02 円覚寺仏殿03

仏殿は関東大震災で倒壊したため、1964年に再建されたものとなります。
堂内には本尊の宝冠釈迦如来像などが安置されている他、天井画の“白龍図”も印象的です。

円覚寺唐門01 円覚寺唐門02 円覚寺唐門03

円覚寺唐門04

方丈の前にある1839年に建立された唐門です。
個人的には、「門だけを写真に収めても忘れ物が…」という印象さえある密かな見所です。ご覧の通り、彫り物に迫力があり、素晴らしい出来栄えです。見応え、ありませんか?

円覚寺方丈01 円覚寺方丈02

円覚寺境内01 円覚寺境内02

上段は、庭園も素晴らしい…
方丈です。本来は住職の居間なのですが、現在では、現在は各種法要の他、坐禅会や説教会などの各種儀式や行事でも利用されています。

下段は、心がホッとする…
そんなヒトコマを妙香池で収めてみたものとなります…(;^^)

舎利殿 仏日庵 黄梅院

左から神奈川県唯一の国宝建造物である舎利殿を望んだもの(※通常は非公開で、正月3が日などのみ外観を公開)、開基・北条時宗を祀る塔頭寺院である仏日庵、境内最奥に位置する塔頭寺院である黄梅院となります。

円覚寺アジサイ01 円覚寺アジサイ02 円覚寺アジサイ03

円覚寺アジサイ04 円覚寺アジサイ05

境内で咲いていた…
アジサイはご覧の通り。この時期の円覚寺は混雑しますが、「今年は紫が綺麗だったなぁ…」という印象です。余談ですが、5枚のうち、昨年撮ったものは白だけです…(;^^)

円覚寺弁天堂 円覚寺梵鐘

石段を上った先にある…
弁天堂と国宝の洪鐘です。ただ、自分たちは、これを見るために上った訳ではなくて…その隣にある弁天堂茶屋が目的です…(;^^)

弁天堂茶屋01 弁天堂茶屋02 弁天堂茶屋03

黒蜜ところてん@弁天堂茶屋 寒天ジュレ@弁天堂茶屋

眺望はイマヒトツですが…
緑豊かな場所にあります。こんな場所で黒蜜ところてんや寒天ジュレを食するのは気持ち良く、2年連続で立ち寄ってしまいました。暫くは鎌倉へ行った際の恒例となりそうです♪


<其の弐へつづく(※画像数などの関係にて分割)>


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-C. 国内旅行記@関東(首都圏近郊)」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails