Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

長良川鉄道沿線をブラリ 其の五(阿弥陀ヶ滝&長滝白山神社編) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2012年9月17日 12:25 ]     

Category  03-F. 国内旅行記@東海      BBS


<「長良川鉄道沿線をブラリ 其の四」からの続き>

松茸の釜飯01 松茸の釜飯02

停留所 国道の看板

美濃太田で購入した駅弁…
松茸の釜飯(\950)”を食べながら、北濃駅の先を目指す郡上市自主運行バスを待ちました。

長良川鉄道の美濃白鳥駅と…
国内屈指の難読地名の1つと思われる、石徹白地区の上在所との間を結ぶ、朝昼夕…1日僅か3本の貴重な路線バス(※休祝日運休)が、「キチント来ますように…」と願いながら。

随分前の話となりますが、福島県内のとある駅でバスを待っていた際に…
その停留所にはバスは来ないよ。ルートが変わって、駅を経由しなくなったのよ!」と言われたことがあります。そこは、今回の倍以上の本数はありましたが、告知案内が一切なく、何も知らない旅人ならば、確実に信じてしまうような停留所でした。以来、道路云々の問題に関わらず、今回のようなバスの停留所は疑いの目でしか見ることができないのです。実は…(;--)

…こうして40分以上経った後でしょうか。
定刻から5分ほど遅れて、南からマイクロバスが無事?やってきました。乗客は、自分と同じく、「初めてこの地にやってきた」と思われる方が1人だけ…尤も、岐阜県内在住の方の大半は自家用車で移動しますから、1日3本の路線バスの利用客は、悲しい話ですが、「これが現実…」という感じでしょうか。


ところで、このバスに揺られて、自分が目指した先はといいますと…
世界遺産に登録された屋久島の縄文杉が発見される迄は、“日本有数のスギの大木”であった“石徹白の大杉”…ではなく(※列車で行く際は要宿泊)、そこよりもかなり手前に位置し、“日本の滝百選”にもリストアップされている“阿弥陀ヶ滝”です。長良川の源流の1つである前谷川の上流にある滝迄の距離は、「北濃駅からバスで10分+停留所から徒歩で10分強…」といったところです。

阿弥陀ヶ滝は、白山を開山した泰澄により723年(養老6年)に発見され…
長滝”と名づけられます。その後、戦国時代の天文年間において、白山中宮長滝寺の道雅法師が長滝の近くの洞窟で護摩修業を行なったところ、目の前に阿弥陀如来が現れたことから、それ以来、阿弥陀ヶ滝と呼ばれ、現在も滝の横の洞窟に対して、お地蔵様が祀られているなど、白山信仰における修験道(滝行)の地となっております。

阿弥陀ヶ滝01 阿弥陀ヶ滝02 阿弥陀ヶ滝03

阿弥陀ヶ滝04  阿弥陀ヶ滝05

「諸国瀧廻り」で葛飾北斎も描いた…
落差約60m、幅約7mの滝を、ご覧の通り、縦横色々なパターンで撮ってみました。実は、滝壺周囲にも遊歩道があり、水飛沫さえ気にならなければ、誰でも容易に近づくことができるのです。どんなに暑いときでも、ここだけは涼しいので…疲れた体もマイナスイオンが必ず癒してくれると思います。

阿弥陀ヶ滝06 阿弥陀ヶ滝07 阿弥陀ヶ滝08


阿弥陀ヶ滝で、“長滝”という文字を見て…
北濃駅の1駅手前の白山長滝駅のことが頭に浮かんだ(※実は行きの列車で何名かここで下車してました)ので、明治維新以前(※神仏分離前)でいう白山中宮長滝寺…所謂、現在の長滝白山神社&長瀧寺へも立ち寄ることにしました。ちなみに、境内と参道は同一です。

白山中宮長滝寺01 白山中宮長滝寺02 白山中宮長滝寺03

白山中宮長滝寺04

さすがは白山三馬場の1つである美濃馬場というか…
加賀の白山比咩神社、越前の平泉寺と共に、白山信仰における美濃側の拠点として栄えたことが十分窺える場所でした。色々な意味で看過できるスケールではなかったです…。ちなみに、自分は加賀の方には2008年に自分は足を運んでいるので、こうなったら越前へもいつかは足を運んでみたいなと思ってます…(;^^)

<Postscript>

帰りの長良川鉄道 車内

当初の自分の予定では…
美濃白鳥駅から高速バスで岐阜へ戻る予定でしたが、ダイヤの都合で帰りも白山長滝駅から長良川鉄道を利用しました。

この予定外の利用で分かったことなのですが、実は郡上八幡駅以北の利用客に関して…
旅行者である自分と“せき・まちづくりNPOぶぅめらん”プロジェクトに関わっている大学生のインターン研修生メンバー1名(※参考)を含めても、僅か4名だけでした(※行きもこの倍程度)。該当区間における平日の列車の利用状況がこの程度ですと、仮に長良川鉄道が廃線となった場合の代替交通機関となるバスでも採算を取ることができないレベルです(※200円の次の運賃が300円というのも高額)。さらに、土休日にお得な“1日フリーきっぷ”はあるものの、この記事のプランは日曜祝日は到達不可。現在の危機的な状況を脱するためならば、もっとなりふり構わずやるべきではないかなと考えます…。

岐阜県に縁がある人間の1人として、長良川鉄道沿線の地域は自然だけでなく…
その歴史にも十分な魅力があると思っているからこそ、2年前や今回のように旅先として選び、列車も利用しておりますが…沿線自治体と集客アイディアや調整をもっと図るべきだと思います。例えば、今回紹介した旧・白鳥町は郡上市の一部となりましたが、隣の美濃や関とも観光に関するスクラムを組んで、長良川鉄道を上手いこと全線利用させるお得な宿泊パッケージを提示するとか…。自分なんかでも、長良川鉄道沿線だけで3~4泊滞在型のプランは作れますから…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-F. 国内旅行記@東海」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails