Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
岐阜県内のとある過疎地の話…など
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

岐阜県内のとある過疎地の話…など 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2012年10月 1日 23:15 ]     

Category  03-J. その他 旅話  *  04-B. ひとりごと      BBS


長良川鉄道絡みの記事を連続で書きましたが…
今回は、その追記の位置付けのようなもの?を書きます。


当ブログでは、自分の趣味の1つである旅話をたまに織り交ぜておりますが…
こと岐阜県に関しては、「全国レベルでみて、他県よりも多少ディープかな?」と個人的に思う場所を取り上げるように心掛けてます。


岐阜出身の妻と入籍してから、2年強の時間が経ちましたが…
勿論、そういった側面からの理由もあります。ただ、それが自分の本音の全てかというと、チョット違って、妻と知り合う前…所謂、国内&海外あちこち1人で旅していたときから、岐阜県に関して、「歴史や自然に恵まれていながら、県下の観光地に限定しても、その魅力を上手く発信できていない…」と自分は感じてます。この原因は色々あるとは思うのですが、イイ意味でもワルイ意味でも、「岐阜県が効率至上主義の発想が強過ぎる…」ところに起因しているような気がしてます。


思えば、自分が初めて岐阜へ訪れた際、駅周辺には名鉄の岐阜市内線が走ってましたが…
イイ意味で、あれこそが岐阜らしい風景だった」と自分は思うのです。もし、今も路面電車を残しておけば、欧州や富山のように、ライトレール(LRT)という流れを生み出す可能性もありました。ところが、岐阜市は昔から路面電車には非協力的で、「あんなのは車の邪魔でしかない!」という感じで、語弊はあるかもしれませんが、家庭ゴミを捨てるような感じで廃線へと追い込んだ印象がありました。


路面電車が2005年に全廃された後、行政は利用客はバスへ流れると予想したのでしょうが…
岐阜では、これがマイカーへとシフトする結果となりました。さらに、名古屋も近いですから、「岐阜なんかで買い物するよりも名古屋…」という流れが従来からあったとは思うのですが…気がつけば、今やモール型ショッピングセンターも隣接自治体に1つはあるような状態…。県都の岐阜は、「ショッピングでも立ち寄る必要性をあまり感じない街」へと成り果てました(※参考:地域再生の罠など)。


結果、美川憲一のヒット曲「柳ヶ瀬ブルース」でも有名なあのアーケード街は…
恐ろしいほどに廃れ、もはやシャッター街と括っても良いでしょう。自分はその様子を、「お化け屋敷のような気味悪さだ…」と妻に口にした記憶がありますが、今年…期間限定とはいえ、あそこの一部を遂に本当のお化け屋敷(※恐怖の細道)にしてしまいました。もし、自分があの繁華街近くで生まれ育ったとか、縁がある人間ならば、自虐的にしか捉えることができない、“痛過ぎる話”でしかありません。


仮に、自分がイニシアティブを取る立場ならば、お化け屋敷だけは避ける。お化け屋敷だけは…。
というか、ここまで酷くなる前に動いたでしょう…。岐阜県内在住の方はご存知かと思いますが、県の人口は7年連続で減少しております(※参考:人口動態統計結果)。県境の大部分は過疎地であるため、この流れが止まることは暫くないだろうと思うのですが、その対策が何か施されているかというと…どこへ行っても、目に見えて変わっている気がしません。


つまり、岐阜県の人口流出の悪い流れに歯止めをかけるとなると…
自分が思うに、実際に住んでしまうか、住まないとしても…自分たちの世代で、岐阜県に縁がある人間は集客に関して、気がついたベースで思うことを書き留めたり、アイディアを提言するようにしなければいけないと思うのです。。。


以上のようなことを、自分は頭の中で少なからず考えてはいるのですが…
今回、長良川鉄道を終着駅の北濃迄利用するにあたり、前々から気になっていた…古くから白山の山岳信仰の拠点である石徹白のことを少し調べました。縄文杉の存在も知ってたし、目指した方向も方向でしたから。

…ただ、石徹白は想像以上に遠く、「宿泊前提でないとこりゃ無理だ…」と感じたので…
来訪という意味では、今回は諦めました。


ちなみに、この石徹白は福井県から越境合併した場所で…
1960年代迄は1200人以上が住んでいたようです…が、現在は270~80人。そのうち、65歳以上のお年寄りが半分近く。周辺には、スーパーなんてものは当然なく、医者さえもいない(※参考)ため、例えば出産に関しても白鳥ではなく…さらに南の郡上へ南下せねばならないそうです。


そんな不便な環境にありながらも、あそこに住んでいる…
自分と同世代の方、少なからずいることを知りました。その中でも、石徹白洋品店の方(※ブログ)は新聞などの各種マスメディアにも取り上げられていたりします。この方がキッカケとなったのかは分かりませんが、“石徹白ニュース”というブログを持ち回りで運営していることを知った際は…自分のイメージとは全く違っていたけど、情報を発信することは絶対イイことだし、とりあえず新鮮に映りました。


そこで、そのブログの記事…時間が許す限りチェックしましたが、心温まる話が豊富です。
自分と近い世代は、「今迄、継承してきた文化を自分たちの代で終わらせたくない」という思いを鮮明にしているし、前述の方も日本だけでなく、外国をキチント見て…デザインの勉強やお金を稼ぐ術を身につけてから移住した方のようなので、長く住み続ける決心…しているでしょう。


個人的には、自分たちの世代の人間が石徹白のような場所に…
住んでしまう行動力”って本当にスゴイと思います。インターネットなど、今の技術を少なからず自分は使いこなせたりはするけど、あそこに住み続けるためのお金を得る手段(職)、あとは雪道の運転技術など…持ち合わせていない技や欲も多いので、「将来的にも石徹白はさすがにないなぁ…」と、どうしても思ってしまうのです。


ただ、1人の人間として考えると…あそこに住んでいる方のこと、羨ましくはあります。
自然と常に対峙していると、「都会の人たちが忘れかけた感覚を確実に研ぎ澄ませられる」という側面からも興味はあるのですが、石徹白の場合、白山の山岳信仰の拠点だったという歴史もあるので、神様の近くで生きるという発想もできなくもないでしょうから…。


白川郷などにもいえることですが、岐阜県には伝統文化を守る使命を背負った方たちだけでなく…
それを受け継ごうと志している方も実際にいます。そういった方々の力も借りることができれば、岐阜は他県とは違うスタイル、自分は確立できると思うのですが、如何でしょうか。


とりあえず、自分はその可能性はあると信じているので…
「岐阜では、効率至上主義以外の側面を自分は今後も見つめていきたい」と思ってます…効率至上主義以外の側面を。。。

<Postscript>

話は変わりますが、岐阜のお土産って何が思い浮かびますか?
個人的には、鮎菓子、栗菓子、柿、味噌(郡上、朴葉)、明宝ハム、飛騨牛…食品サンプルw。あとは、さるぼぼ、美濃和紙、刃物…あっ、自分はまだ食べたことないけど、各務原キムチもあったか(※その他参考)。でも、悪いけど、仕事場で大量に配れるような、食のお土産って岐阜県内ではあまり見かけないので、ハッキリ言って他県に出向いて購入してます。

お土産の件に関して、穿った見方をしてしまうと…
「名古屋に色々とあるから、こういったものに別に真剣にならなくたってイイでしょう?」ってな感じで、ここまで来てしまったのかなとも思うのですが…チョットした努力、怠っているような気がしてなりません。たまに、「岐阜県ってどこだっけ?」と聞かれることがありますが、こんなときに聞いてみたくなることがあります。「岐阜の“阜”って書ける?」って。おそらく、この漢字を書くことができない日本人…少なくないと思うから。

こういった現実を目の当たりにしてしまうと…
特に自分のように首都圏で生まれ育った人間なんかは、同じ日本なのに寂しい話というか、「岐阜県は人を惹きつけようとする執念や発想とかに乏しかったのかもなぁ…」という印象を抱かずにはいられません。それと同時に、「外様的な人間ではあるものの、岐阜県/市に少なからず縁がある1人としてこのような状況を改めたいし、多少なりとも貢献したい!」と思ってしまいます。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-J. その他 旅話」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails