Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
寺家ふるさと村へお散歩 其の弐(※大雪編)
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

寺家ふるさと村へお散歩 其の弐(※大雪編) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2013年1月20日 00:28 ]     

Category  01-E-02. 地元系日記@川崎市内&周辺  *  03-C. 国内旅行記@関東(首都圏近郊)      BBS


この間の月曜日(14日)、首都圏では大雪に見舞われましたが…
あのレベルの積雪となると、さすがに自分自身も記憶にありません。こんなとき、「外に出たくないなぁ…」と思うのが普通なのでしょうが、この日の自分は、「これは、記念に写真として収めておいた方が良いでしょう?」という感じで、むしろ心が高鳴ってしまいました…(;^^)

柿25

…とはいえ、雪に弱い首都圏の交通機関。。。
混乱することは間違いなく、「できるだけ近場で済ませたいな…」と冷静に考える訳なのですが、そのときふと浮かんだ場所がありました。昨年の4月にも訪れた、柿生駅からのバスは1~2時間に1本程度と本数は少ないものの、小田急バスの柿25系統だけで行くことができる“寺家ふるさと村”です。

以前書いた記事の通り、寺家町には余計な建物がなく、田んぼも広々としてます。
今でも、横浜市内とは思えない風景がヒッソリと残ってます。旅好きな柿生住民の1人としては、「そこに大雪が降ったらどうなるか?」と想像しただけでワクワクして仕方なかったのです。。。

寺家ふるさと村(雪)01 寺家ふるさと村(雪)02

寺家ふるさと村(雪)03 寺家ふるさと村(雪)04

ただ、柿25の乗客に関しては…
いつも通り、閑散としたもので、横浜上麻生道路を離れると、さすがに乗客は自分1人。この日も、四季の家という停留所で途中下車しました。

降りた瞬間の画像に関しては…
画像左の通り。誰も足を踏み入れていないところに足跡を作ってみたところ、ご覧の通りの深さ。まるで冬の雪深い東北や甲信越エリアを旅したかのような気分でしたね。

さらに、この日は風も強く、「本物にも見劣りしない風景を撮ることができる!」と思いました。
以下の画像は、そんな視点で…そして、気持ちで撮って来たものです…(;^^)

熊野神社付近(雪)01 熊野神社付近(雪)02

画像左は、熊野神社付近です。
ここの鳥居は、実は朱塗りされていない“白い鳥居”なのですが、この日のように、一面雪化粧のときは映えますね。なかなか良い感じです!

寺家ふるさと村(雪)05 寺家ふるさと村(雪)06 寺家ふるさと村(雪)07

続いて、むじな池の方へ向かって、少し歩いてみることにしました。
1人きりということもあって、寒さを凌ぐことができる車で来ている方のことを少し恨めしくも思いましたが、「こういったときは、徒歩の方が興味深い視点を発見することができるもの…」と心の中で言い聞かせながら…。1番右の脱穀した後の稲藁なんかは、本物の雪国を思わせる風景というか…まさに自分の期待通り。絵になる1枚を撮ることができて嬉しい限りでした…(;^^)

むじな池(雪) 寺家ふるさと村(雪)08 寺家ふるさと村(雪)09

さらに歩くと、むじな池へ到着するのですが、この日は広範囲に渡って凍結してました。
冬ならば、凍結することもあるのでしょうが、画像でもハッキリ分かるレベルでこれだけの範囲となると、なかなか見ることができないような気がします。個人的には、こういうのを見ると少し嬉しくなります。

ちなみに、自分の前に、家族連れで寺家の雪景色を楽しんでいる方がいたようですが…
雪だけでなく、風も強かったこともあってか、自分と同じように、この程度の小さな散歩で済ませていたようです…とはいえ、これだけでも撮影という意味では、自分は十分楽しめましたけどね♪(@^▽^@)

<Postscript>

現実的なことを少し書きますと、撮影を終えた後の帰りが大変でした…。
寺家町から柿生駅へ行くバスは少ないので、帰りは鴨志田団地から青葉台駅へ向かう東急バス(青30/青31)で帰る予定だったのですが、普段5~10分おきにバスが走っている区間でありながら、“鴨志田へ至る迄の道は急坂がある”ということもあってか、「90分以上もバスが来ない状況」でした…(>_<)

それでも、自分を含め、何も知らない利用客は各停留所で純粋に待っているような状態でした。
東急バスさん…鴨志田から青葉台迄、徒歩で行くには、さすがに距離があり過ぎます。「運休するのであれば、各停留所の乗客に対して、連絡があっても良いのではないですか?」と思ったのは自分だけではないと思います。。。

ちなみに、この日は、たまプラーザ駅~柿生駅(柿01)/新百合ヶ丘駅(新25)の両路線は運休でした。
こちらは、虹ヶ丘営業所周辺や真福寺付近など、鴨志田周辺以上の急坂があるからだと思うのですが、無邪気な気持ちで、「銀世界を撮りたいから…」という理由だけで、この辺りへ行くことはオススメできませんね。個人的には、イイ勉強になりました…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-E-02. 地元系日記@川崎市内&周辺」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails