Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

2013年のBayStarsは…!? 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2013年4月 7日 17:34 ]     

Category  02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ      BBS


中畑政権2年目のシーズン、今年は以下のようなメンバーで戦っておりますが…

【先発ローテーション】
◎藤井→三浦→鄭凱文→ソト→井納→高崎

【中継ぎ】
吉川、加賀、三嶋、神内、ソーサ、佐藤、(土屋)

【抑え】
山口

【捕手】
◎高城、鶴岡(一)、靍岡

【内野手】
山崎、渡辺(直)、◎石川、◎内村、◎筒香、◎ブランコ、梶谷、中村(紀)

【外野手】
金城、◎ラミレス、◎荒波、松本、◎モーガン、多村

備考…◎:開幕戦スタメンメンバー


結果としては、開幕してからの8戦…4勝4敗。
巨人戦は相変わらずの結果でしたが、中日、ヤクルト相手には勝ち越し。尤も、ベイスターズは、野手を中心に大きな補強がありましたし、逆にその相手は放出や怪我人などで戦力も落ちてますからね。このような結果となる可能性はあると思ってましたが…。

<投手陣>
陣容をみると、今年も不安が残りますね。
藤井、三浦の両ベテランは健在ですし、高崎も年を追う毎に投球内容/成績共、着実に良くなっているので、この3人はそれなりに試合を作ってくれると思うのですが、1年間働いたことがないソト、ルーキーの井納…果たして、結果を出せるのでしょうか。個人的には、現在ファームで調整中の加賀美、国吉…この2人は、「今年こそ先発の軸になる!」と期待していたので、現在の状況にはガッカリです。この2人がノンビリしていると、ファームの開幕投手で、先発での育成が顕著となった、「伊藤拓郎の方が2人よりも先にブレークしてしまうんじゃないか?」と…。帝京高校時代はフォームを崩した上に、怪我の影響で悪くなる一方…。「プロは無理かなぁ…」と思っていたのですが、高1のときから148km出すような潜在能力が高い投手を2011年の最後の最後にドラフト9位で指名して得しましたね。個人的には、高城と共に、希望の星です。

中継ぎに関しても…ソーサが加入したことは非常に大きいと思うのですが、、、
個人的にはダウンしてるような印象も…。吉川、三嶋>藤江、菊地 神内、佐藤、土屋>大原(慎)…この評価は如何なものかなぁ。吉川は、意外と頑張ってくれてます(※今日の試合は別…)が、個人的には新加入選手を過大評価し過ぎのような気がします。守護神の山口にしても、昨年同様、「年間通して分析すると、とりあえず防御率だけは安定していたみたい…」となりそうな気がします。本人はメジャー志向が強いようですが、中身が全く伴っていないと思うのは自分だけでしょうか。「万年ビリのチームの守護神こそ、防御率など、内容がシビアに評価されること」を分かって欲しいですが、そのような成績を挙げることができるかどうかとなると、やはり疑問で…。

<野手陣>
プラス
狭い横浜スタジアムで、ブランコ加入は大きいですね。
昨年はラミレス1点注意で良かったのが、その前にブランコも…となると話が全く違います。今のところ、ブランコが本塁打&打点という意味で貢献してくれてます(※今日も3発放ってますし、逆に言うとブランコがいないと得点できないとも言えますね)が、オープン戦で好調だった多村も上手く使って欲しいです。尤も、彼の場合は、使い方を間違えると怪我ですぐにお休みとなってしまうのも確かで…。あと、過度な期待は禁物ですが、梶谷は昨年の挫折が大きな糧になっているかなと…。よって、三塁で左打者をどうしても使いたいのならば、筒香ではなく、梶谷の方がまだ良いような気がします。開幕直後の筒香の状態ならば、当面ファームで良いでしょう。逆に、レギュラー獲得へのハードルが上がったことは喜ばしいことです。

マイナス
守備範囲&守備力は確実に低下しましたね。内野は、ブランコ&石川。外野はラミレス&モーガン。
このことから、控えは守備力が必然的に優先となりますが、渡辺直人、金城、多村はそういう意味では適任と言えますね。ただ、山崎に関しては、「ユーティリティープレイヤーで犠打も得意な小池、若しくは捕手経験もある一輝を置く方が適任では?」と個人的には思うのですが…。あと、モーガンは出塁率という意味で今のところ貢献をしておりますが、打率が上がらないのが気がかりです(※左腕投手に弱いですし…)。さらに、MLB時代はあれこれトラブルがあったのも事実…この点も心配です。

その他
鶴岡(一)の衰えが顕著ですから、高城が1シーズン乗り切ることができるか、ここもポイントですね。
オープン戦では打撃でも成長している姿を見せておりますし、昨年以上にスタメンを張ることで、今シーズンも貴重な経験を積んでもらいたいですね。引き続き、とにかく見守ります。。。


…ってな訳で、色々と書きましたが、個人的には今シーズンは勝率4割とは言わず、、、
5割に乗せて欲しいかなと…。とりあえず、広島をはじめ、監督が勝手に迷走してくれるチームより、最終的な順位が上であって欲しいです。まだまだ戦力不足ですから…。

<Postscript>

ラミレスの日本での通算2000本安打達成が、神宮球場、しかも本塁打になるとは…運命ですかね。
野球だけでなく、ファンや文化も含めて、日本のことを愛してくれた選手ですからね。達成できて、本当に良かったです。ちなみに、1695試合目という史上2番目の早さでの達成となったのは、賛否両論ある早打ちの影響かなと自分は思っていたり…(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails