Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
寂しいときには草野心平を読め!-重松清編-
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

寂しいときには草野心平を読め!-重松清編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2013年4月30日 00:15 ]     

Category  04-A. 印象的な言葉  *  04-C. 読書感想文      BBS


作家の重松清氏は若い友人に対して…
孤独に効くから…」という理由で、決まってそう申しているそうです。


ちなみに、シゲキヨさんは、“効く”という言葉を用いておりますが…
昨今の日本人は、脳内で“癒す”という言葉へと半ば反射的に変換する癖がついてしまっていることもあってか、そういう意図で選んでいるのではなく、「1人をしみじみと噛み締めるには丁度良いから…」という理由で、“効く”という言葉を敢えて選んで推奨しているとのこと…。


よく考えてみると、シゲキヨさんの作品の路線に関して…
「1人をしみじみと噛み締めるには丁度良い作品が多くない?」という印象を自分は受けておりましたが、前述のことが事実であるとするならば、「実は、自らに対して、そう言い聞かせながら創作活動をしてるんだ…」とさえ思えてきます。不思議なものですね。


何故この話を持ち出したかと言いますと…
実は、今日は朝から1人で草野心平の詩を幾つか読んでおりました。シゲキヨさんがそんなことを申しているとは全く知らずに…。

例えば、農業に従事している方であれば、「百姓という言葉」という作品…読んで頂きたいですね。
この詩の中に、「1人で百の姓を持つ」とあるのですが、こう考えるか否かで、農業に対する価値観がガラリと変わる気がするのです。ガラリと…。己の仕事に対して、誇りを持つこともできるし…。


…でも、誰がなんと言おうと、自分が1番好きなのは、「デンシンバシラのうた」ですかね。


デンシンバシラはゆすっても。
デンシンバシラは動かない。 (中略) しかし。お前を抱くだろう。


敢えて、(中略)という形で、自分は間を伏せましたけど、この繋ぎが好きなんです。この繋ぎが…。
苦しいとき、絶望に襲われているとき、このカタマリを何度も読み返したくなりますから。


ただ、夜中3時が良いのかな…なんて。。。

<Postscript>

素晴らしい作品を取り上げておいて、最後に恐縮なのですが、、、
泥酔して歩いているときが主ではあるものの、デンシンバシラのことを…
邪魔なんだ、この野郎!!」とか思ったことが数えられないほどあります。

でも、今日改心しました。
僕は、キミのことを完全に誤解してました。今迄、本当に申し訳ありませんでした。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-A. 印象的な言葉」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails