Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

やなせたかし&アンパンマンは僕の憧れだった 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2013年10月19日 15:31 ]     

Category  08. ニュース関連      BBS


火曜日に、やなせたかし氏が94歳で亡くなりましたが…
アンパンマンが悲しむ顔、泣きじゃくる声(※戸田恵子がアイドルから声優へと転向してくれて本当に良かったと思う)など、色々なことが思い出されます。。。

やなせ氏は、自身に子供がいなかったこともあってか…
アンパンマンと共に生きている」と口にしたり、自らの手で生命を吹き込んだキャラクターたちのことを“わが子”と呼んでいたそうです(※2009年に、アンパンマンのキャラクター数1768は、ギネス世界記録に認定されたそうなので、凄い数ですね…)。


誰よりも、アンパンマンを愛していたことは、間違いなく事実だと思うのですが…
遊園地のようなお墓を作って、子供たちが遊ぶ下で静かに眠りたい」と生前語っていたエピソードなども知ると、「如何に子供のことが好きだったか?」ということが大変よく分かります。最高の黒子(=創作者)に徹しようとする精神、それも尊敬に値します。


ところで、僕がアンパンマンの影響を受けたのは、幼稚園児の頃だと思います。
毎日のように、「人には優しく接しましょう」とか、「困った人には手を差し伸べましょう」といった話を聞き、神様に対してお祈りを捧げる…教会も併設されたキリスト教の幼稚園(※プロテスタント/現在は閉園)の出身ですから、主人公が自らの顔をちぎって(=犠牲にして)、困った人にパンを食べさせるアンパンマンの姿を通じて、学ぶ機会は少なくなかったと記憶してます。


あの頃、果たして幾つのアンパンマンの絵本作品を読んだことだろう…。
細かい内容は覚えていないけど、アンパンマンの親しみやすい顔は、決して忘れることはありませんでした。テレビアニメを通じて再会したときは、驚きや懐かしさ…色々な気持ちが交錯したものです。


そんなアンパンマンの発想の原点は、やなせ氏が徴兵された中国での…
薄いおかゆだけの日々”だったとか。空腹を抱え、「食べ物が向こうからやって来たらいいのに…」と願った実体験の他、一方的な正義への疑問から、「最も単純な正義は生活が安定して飢えないこと」という信念を強くし、あのアンパンマンのキャラクターが誕生したと言われております。


とはいえ、やなせ氏は“クリスチャン”であることから…
敢えて、宗教じみたことを語りたがらなかった可能性も少なからずあるような気もします。実は、聖書に以下のような一節があることをご存知でしょうか。

彼らが、「主よ、そのパンをいつもわたしたちにください」と言うと、イエスは言われた。

「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない」

<#ヨハネによる福音書6章34~35節から引用>


後年知りましたが、“正義”を口にするヒーローは世界中にたくさんいるものの…
食べられる場面はあっても、自らが食べる場面は1度も描かれていない”…まさに自らを犠牲にして、困っている人に対して、手を差し伸べるアンパンマンのストーリーは、「絵本としては世界でも稀な例である」と、どこかで読んだことがあります。これは、「自らを犠牲にしなければ、人に尽くすことはできない」という、やなせ氏の信念であると同時に、宗教観であるようにも感じます。


考えてみれば、アンパンマンは水に濡れたらヘナヘナになるにも関わらず…
誰かのために、精一杯、頑張ることが多い印象がありますが…振り返ってみると、自分自身、アンパンマンのそんな純粋さが好きだったような気がします。


結局、アンパンマンって、超がつくほどの“お人良し”なんですよね。
同じ世界に住んでいる人(…と書くと、少し違和感あるけど)のことはみんな大好きで、“アンパンマンのマーチ”の歌詞を引用すると、“愛と勇気”が友達。悪役である、ばいきんまんと違い、どんなときでも“オレ”とか、“オマエ”とか決して口にせず、言葉遣いも綺麗そのもの…。さらに、誰とでも仲良くできると思っているから、テレビアニメの通り、ばいきんまんでさえもバイキン城へ向けて、“アンパンチ”でぶっ飛ばすだけ…。織田信長的発想(※バイキン城の破壊)とは無縁で、相手をコテンパンにやっつけず、モグラ叩きのように我慢強く繰り返す…こういった点も、アンパンマンを介して、やなせ氏のポリシーが垣間見えるような気がします。


そんなアニメのテーマ曲である、“アンパンマンのマーチ”に関して…
東北の大震災の後、被災者の方を勇気づけた曲だったと聞きますが…実は、自分自身、詞のテーマが非常に良いという理由もあり、現在でもカラオケでよく歌う、自らの愛唱歌の1つだったりします。一説には、「特攻隊に志願して戦争で亡くなった弟さんへ向けて作った」がために、周囲には、「アニメにしては歌詞が重い」と指摘されたこともあったようですが、「大人になったとき、歌詞の意味を理解できるようなものが良い」とやなせ氏が信念を貫き通したことで、日の目を見た作品であるそうです。


“やなせワールド”の詞という意味では、“アンパンマンのマーチ”の兄貴分であり…
自分たちの世代であれば、幼い頃よく歌ったであろう、“手のひらを太陽に”という素晴らしい作品がありますが、この歌詞に関しても、“みんないきているんだ ともだちなんだ”とか、実はアンパンマン精神に通じており、主張にも一貫性があるんですよね。


歌詞の流れも妙で、1番の悲しいこと=動きが地味な動物である一方で、、、
2番の嬉しいこと=動きが派手(※空を飛んだり、ジャンプしたり)な動物。なんだか、「人生において、悲しみと喜び…どちらが先に訪れるかというと、悲しいこと(≒我慢)の方がが多いのだよ。なぜなら、その経験がなければ、嬉しい(≒喜び)という感情が芽生えないからだよ」と諭されているような気がしました。


最後になりますが、やなせ氏の死をキッカケに…
アンパンマンを見つめ直すことも良いかもしれませんが、時間ができたら、それだけでなく、本や詩(詞)も含め…大人の目線で、今一度、氏の功績を振り返りたいなと個人的には思っております。

<Postscript>

2005年のGWに、友人と四国3県などを巡ったのですが…
その際に高知県の香北町(※現在の香美市)を経由し、“高知アンパンマンミュージアム(現・やなせたかし記念館)”へも足を運びました。

やなせたかし記念館01 やなせたかし記念館02 やなせたかし記念館03

やなせたかし記念館04 やなせたかし記念館05

このとき撮った画像は…
ご覧の通り。アンパンマンのキャラクターをイッパイ撮って、合成しました。ちなみに、来訪目的という意味では、ここでアンパンを食べることもあったのですが、15時頃からの販売…ということで諦めたことを覚えてます。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「08. ニュース関連」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails