Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
「オマエのことを殺したいほど憎んでいる」と言われた
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

「オマエのことを殺したいほど憎んでいる」と言われた 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2013年11月 4日 08:53 ]     

Category  04-B. ひとりごと      BBS


このブログは、私のブログです。
時には、「遺書として使いたい」と思うこともあります。


そもそも、自らの信念を書きたいと思って始めたのが、このブログですからね。


なにより、↑タイトルのようなことを言われたら、殺された後のことを考える必要もあると思ってます。
ですから、念のため書き残しておこうと思います。


というのも、僕自身、こんなことを口にしてくる人間がいるならば、そんな方に殺されたいのです。
何故かって?


そんなことをする相手が地獄に落ちるならば、
 自らが犠牲になっても構わないと思っているから」です。


実は、↑タイトルのようなことを言われたのは、とある会話中のこと…。
勿論、自分自身、反省するところもあるのですが、相手の立場を慮ることなく、感情的になって、こんな品性のない言葉を口にする…そんな人間のことが、自分は大嫌いです。激しい憤りを覚えます。


どんな理由があるにせよ、相手の立場を考えて会話をするべき…それが僕の信念です。
こんなことを言われて、怒らない人間がいるならば、僕は“神様しかいない”と思ってます。


逆に申しますと、こういったことを言われて、激しい怒りを示してしまうのは…
悔しいですが、今の僕は、まだその程度の人間なのでしょう。


まだまだ人間ができてないなぁ…
と思う一瞬があるのは、悔しい限りです。できれば、神の域へ近付きたいのが本音ではあるので。。。


ところで、誰に言われたのかって?
これは伏せさせて頂きますが、とりあえず妻ではありません。


ただ、今の僕に対して、このようなことを口にする人間が何人かいる…
それだけはハッキリと申しておきます。


ちなみに、こんなことを口にした相手に対して、すぐにこう切り返しました。
じゃぁ、今から刺し殺して下さい」と。前述の通り、こんなことを口にする相手には殺されても構わないと思っているので、すると…


刑務所へは行きたくない


どんなに感情的になっても、相手に対して口にしてはならない言葉があると僕は思ってます。
それは殺すとか、死ねとか…例えば、そういった言葉です。


数年前も、「落とし前」という言葉を持ち出された際に怒りましたが…
感情的になったときに、そんな言葉を口にする人間のことを第三者が魅力的に思う訳がないでしょう?
そんな人間が口にすることを第三者が正しいと判断する訳がないでしょう?


口下手なら仕方ない?? 大人のくせに、そんなことを口にして、恥ずかしくないですか??
倫理観の欠片もないから、キチントした理屈を積み上げることができない…それだけでしょう??
こんな人間に限って、口にしたことを忘れた…と逃げることがよくありますが、所詮は無責任な人間でしかないのです。


尤も、そんな方には、そもそも人間としての愛や情というものがないと思いますけどね。


感情的な発言に終始した場合は、素直に自らの過ちを認め、改心に努める…
そんなことができない人間は、向上心の欠片も持ち合わせていないサモシイ人間でしかないのです。


ある意味、同情しますが、、、
何のために、人間として生まれたのか、今一度振り返って頂きたいものです。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails