Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
13年目のスタート!
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

13年目のスタート! 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2014年1月 1日 12:41 ]     

Category  04-B. ひとりごと      BBS


2014年という新しい1年を迎え…
早いもので、このブログを綴り始めてから、13年目となりました。
本年もどうか宜しくお願い致します。


まず、昨年を振り返りますと…
仕事もプライベートも、年初時点では想定していなかったことを色々経験しました。


嬉しかったことよりも、苦しかったことばかりが真っ先に思い浮かぶ…
そんな1年は、父親が亡くなった1992年と大学進学に失敗して浪人の身となり、勉強だけしかしなかった1995年くらいでしょうか。それでも、こんな程度であれば、「よくある話」という感じで、今では普通に消化できておりますが…


まさか、とある駅のホームから転落し、左肘の骨折&左瞼の上を切ったり、、、
「殺したい」とか、自らの存在価値を否定されるような罵詈雑言を散々言われるとは…精神面という意味では、「果たして、自分自身…立ち直ることができるのか?」と何度も自問自答したほど、ズタズタになりました。自らへの反省も勿論あるものの、自分自身、人間であることが心の底から嫌になった回数に関しては、数え切れません。

  • 伝わらない想いなんて…1つ2つどころではなかった。
  • 一か八かの勇気ある決断を迫られたことも…1回2回どころではなかった。
  • 何かを選べば何かを失うなんてことも…1回2回どころではなかった。
  • 人の心に寄り添いたいと思ったのに叶わないなんてことも…1回2回どころではなかった。
  • 僕が生きていることで周囲を不幸にすると思ったことも…1回2回どころではなかった。
  • 自らの存在を消そうとスマホの電源をOFFにしたり、閉じ籠ったことも…1回2回どころではなかった。

所属会社の人間は、あまりにも色々なことがあり過ぎたことを知っているので…
仕事場の小さな忘年会(※どんな仕事場でも派閥はありますから…)では、代表して自らの1年を総括しろとなり、「ジェットコースターのような1年だった」と評しましたが、このような1年はあと1回…自らが死ぬときだけで、もう十分です。


…とはいいながらも、こんな情けない人間に対しても、、、
ウチの家の目の前の森に住んでいるツバメはその都度、予測不能の鳴き声で癒してくれたり、心の底から優しく接して下さる方と知り合うキッカケに巡りあったりと、実は、昨年ほど新しい出会いが多かった1年はなかったのではないかとも思ってます。もしかしたら、後年振り返ったときには、自らだけではなく、「お互いにとって、財産となっている」なんてこともあるのかもしれません。


以下にある、海援隊の「人として(※歌詞)」という曲の世界感ではありませんが…

結局、人間に傷ついたら、立ち直らせてくれるのも人間でしかなくて、、、
こんなときでも優しく接して下さった方への恩は、自分自身、一生忘れることはないでしょうし…僕なんかがそんな方たちに少し協力することで、その周囲の方に心から喜ばれるのであれば、何も惜しまないツモリでおります。火中の栗でさえも、積極的に拾いたいと思ってます。そんなことでもしていないと、自らの存在価値を肯定することはできないくらい、イッパイ傷つきましたからね。


ホント、「人間愛」という観点で、自分自身、どんな立ち位置にいれば良いのかということを…
2013年ほど真剣に考えたことはなかったと思います。


話はズレますが、手元に楽器さえあれば、作曲なんか、パッとこなすような人間です。
いつか2013年のことをメロディーで表現し、詞を乗せて、1曲という形で仕上げたいと考えてます。


ある方がTwitterで、「悲しみを経験した人間は表情も柔らかくなる」と呟いてましたが…
僅か1年で、これだけの量の悲しみを経験すれば、自分自身の表情も、その言葉の通り、少し柔和になればイイなと本気で思っていたりもしますからね。


…そんな悲しくなるくらい不器用な人間ではありますが、、、
イイ意味で愚直な迄の真っ直ぐさを失わないようにしなければ…と考えております。


ですから、2014年は少しでも上昇気流に乗れるような…
そんなキッカケを掴む1年にしたいなと。。。


これを読んで下さっている皆様にとっても、そんな1年になることを切に願ってます。

<Postscript>

とある女性シンガーソングライターのブログを読んでいる方には…
あの方のブログ記事をヒントにしてるな?」と思われたでしょうが、今日は敢えて意識的にそんな感じで書いてみました。気がついた方は、笑ってやって下さい。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails