Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

自らを励ましたいときに聴く曲-You Are Not Alone/Michael Jackson編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2014年1月18日 19:22 ]     

Category  07-A. 作品関連 音楽      BBS


どうしようもないほど苦しかったり、悲しかったり…
極端な話、“死んでしまいたい”と思うことが人間にはあります。勿論、僕にもあります。

ところが、自ら死を選ぶとなると、例えば特攻隊の方に申し訳なくなったり…
形を失った自らがどうなってしまうのか分からないという不安が募ったり…します。そんなとき、ふと深呼吸してみると、“苦しいときこそ、なんとなく聴きたいと思える曲”が幾つも浮かんできたりして、それを順番に聴いていたら、自然と気力が出てきて、結果的に“生きる”という選択を繰り返し、今迄…様々な荒波を乗り越えてきたのではないかという気がしてます。ちなみに、僕の場合、こんなときに“なんとなく聴きたいと思う曲”という意味では、例えば、Michael Jacksonの以下のアルバムに収録されている…

R.Kellyが作詞&作曲した「You Are Not Alone」は、その1つであったりします。

「自らが大好きなアーティストが作詞&作曲しているから」という理由もありますが…
ビルボードの歴史上、初めてとなる初登場1位”を記録した(※R&Bチャートでも1位を記録)ことから、「洋楽といえど、日本人にもよく知られている曲ではないかな?」ということで、ピックアップしてみようかな…と思い至ったといいますか。。。

ちなみに、この曲…タイトルもタイトルであることから、ファンの中では、、、
マイケルに対して贈りたい曲”と位置付けられ、マイケル自身も、「デモ版の段階から、かなり気に入っていた」ようです。というのも、事務所同士の交渉の段階では、“著作権問題”があったにも関わらず、ケリーの活動拠点であるシカゴへ行って、マイケルはレコーディングを行ったほどですからね。

ところで、僕がこの曲を初めて聴いた1995年当時…
邦楽を聴く機会の方がまだまだ多かったと思うのですが、この曲に関しては、“余計なバックの音を排除し、テンポを極端に落としたシンプルなアレンジ”が新鮮でした。一方で、耳触りの良い、ジワジワ染み入る心温かいメロディーを徹底的に繰り返しながらも…突然、アクセント程度に、絶妙な繋ぎのメロディーをネジ込ませたり、転調を入れたり…アレンジに比して、メロディー展開は要所要所で妙に凝っているところが面白く、好んで聴いていたことが思い出されます。

音楽の道を目指していた頃、「こんな曲調の作品こそ、他者に提供したい作品」でした。
日本では、色々な意味で難しい状況にあることを思い知らされましたけどね…(;^^)

1. Michael Jacksonバージョン(1995年発表)

ファンの中で、上の映像はどう思われているのか…個人的には気になりますが、、、
僕の中では、「見た目という意味で、マイケルは別人になってしまったというか…好きになれなくなっていた時期」でした。そもそも、この頃の映像を観ていると、バッシングも凄かったことが思い出されますし…今にしてみると、マイケルが早くに亡くなったのは、この頃のせいかなという思いになるなど、色々悲しくなります。とはいえ、「音楽的な感性という意味では、マイケル・ジャクソンのままだったよなぁ…」と思ったりもします。

2. R.Kellyバージョン(2010年発表:セルフカバー)

前年に亡くなったマイケルに捧げるという意味も込めて、シークレットトラックとしたのでしょう。
個人的には、「ケリーバージョンも聴きたい!」とずっと思っていたので、聴くことができたときは、たまらなく嬉しかったですけどね。ちなみに、“R.Kelly=スロージャム”というイメージが強いものの、マイケルバージョンよりもテンポは速いですが、個人的には、「これくらいのテンポの方が彼らしいのではないかな?」と思ったりもします。


さて、上記作品を手がけたR.Kellyといえば、“エロ”というイメージが強いですが、、、
この頃は、以下の自身の作品(※個人的には、1990年代の超名盤だと思います)に止まらず…

Aaliyahのプロデュースなどでも成功を収めていた頃でしたが、、、
プライベートでは最愛の母親を失うなど、心の中では悲しみも抱えていたんですよね(※その他詳細は、こちらの記事が詳しいです)。

そんな訳で、「You Are Not Alone」という曲を聴いていると…
とても励まされている気になるのと同時に、「芸術家が名作を生み出すという意味では、タイミングも重要だなぁ…」と再認識します。個人的には、ケリーの歌詞(※和訳)とは思えぬ歌詞なんですけど…それもそれで、僕の中でオススメ度がアップしている理由の1つであったりしますけどね。

以下のケリーの自伝に関しても、時間があるときに読んでみたいなという気になってます。

<Postscript>

ちなみに、「You Are Not Alone」…ベルギーでは、“盗作”とされている曲です。
とある双子の兄弟(Eddy and Danny Van Passel)が1993年に作曲した「If We Can Start All Over」という曲のメロディーと酷似しているからという理由です…興味がある方は、ご参考迄に。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「07-A. 作品関連 音楽」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails