Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome61&Firefox56&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

自らのことを“聖人君子化”している人たちへ… 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2014年2月16日 14:02 ]     

Category  01-B. 仕事系 日記  *  04-B. ひとりごと      BBS


ここのところ、自分の周囲には、公私共々…
自らの存在を“聖人君子化”している方が非常に目立つような気がします。


果たして、自分の気のせいなのでしょうか。
…いや、気のせいではないと思う。


思えば、パワハラとか、モラハラって言葉…
ここ何年かで、耳にタコができるほど、聞くようになった印象を受けますが、その背景として…
自らの存在を“聖人君子化”している人たちが増えているためだとも思うのです。


こんなことをご本人に申すと、即座に否定されるでしょう。
でも、そんな方は、僕自身のことを“存在も含めて、全否定する”ことでしょう。
これでは、弱い立場の僕としては、“聖人君子”…そう括りざるを得ないと思うのです。


さらに、何が厄介かって、この類の人たちに限って…
感情最優先で理屈を論理立てて上手く組み立てらない
という傾向が顕著であることです。ですから、論点のすり替えなんて、当たり前。。。


話せば通じる”とか、そんなことは絶対になくて…
世間の常識に照らし合わせると、屈折していると断じざるを得ない価値観を、世界観を…
他人に対して、全力で押し付け、その過程において、一方的な恫喝も厭わない。

こんな“聖人君子”を相手にしてしまうと…
交渉事において、自らが譲歩する案だけでは、“NG”でしかないのですよね。


こちらは、“聖人君子”を立てるために…
ご機嫌もとりつつ、戦前の日本の軍隊のように、“絶対的な命令”として受け入れること。


それに対して、反旗を翻したならば…
極端な話、“聖人君子”によっては、人殺しを厭わなかったり…
そこまでは行かなくとも、相手が精神的に追い込まれる状況をちらつかせたり…
その程度では気が済まないと、「どうだ!」とばかりに…
あり得ないことを行動に移して、実行してしまう…そんな恐ろしさ、危うさがあります。。。


ですから、“聖人君子”を相手にした場合…
自らの状況の打開、好転をも考えるとなると、絶望以外、何もなく、とにかく苦しい…
としか申しようがありません。


そもそも、自らを“聖人君子化”している人たちは…
どんな状況においても、自らが全て正しい」をベースで生きている人種であるため…
謙虚さの欠片もなく、何か否定された際の被害者意識も甚だしく強い傾向があります。


例えば、“聖人君子”の要求が…
無形である場合…例えば、心や話し言葉、役職といったケース。
簡単な交渉事とは言えませんが、チョットした演じ方次第で、上手く行くことはあるかもしれません。
尤も、変わったとしても一時的なものですけど。


一方、“聖人君子”の要求が…
有形である場合…例えば、土地や家、株、お金などが絡むケース。
それが数百~数千万円レベルならば、もはや難解な交渉事でしかありません。
そういったものは、強請や集り…そういったレベルだと思うのです。
日本の隣国の領土要求などと、なんら変わらない…不快なものでしかありません。


「こんな状況に置かれているのは、どうせ自分だけなのだろう?」
と最初、そう思ってました。ところが、違うのです。周りにも結構いる…のです。


その度に、「オレって1人じゃないんだな…」って思う一方…
実は、話の分かる自分の心は半分くらいで、もう半分はナイーブな作りだったりして…
なかなか変わらない現況に負けて、壊れる寸前…となったりします。
そういったとき、僕の場合は、周囲の人間(※主にお酒好き)に救われてますけど。


僕は、相手に対して、交渉事で何かを要求する際は…
ときに、言葉がキツくなってしまうこともあるかとは思うのですが…
人間としての“”があれば、“優しさ”があれば…
必ず受け入れることができる理屈しか申さないように心掛けております。
そもそも、裕福な家で育った訳ではありませんからね。


しかし、そんな主張を全く受け入れてもらえないのであれば…
ときには、例えば小林多喜二のような信念でもって…。
誰も見えないところで、自己犠牲を厭わない方が正しいようにも感じます。


…とはいえ、現実問題、、、
聖人君子化”している人たちだけを相手に生きている訳ではないので、、、
完璧な自己犠牲は難しく、“聖人君子化”している人たちからみれば…
“生きる恥さらし”であるのかもしれませんが、僕は“生きる選択”を続けてます。


それがどんなに苦しいものか、申す迄もなく…
想像を絶する痛み”です。想像を絶するほどの。。。


例えば、その目的において、人間が絡んでいるならば…
人助けをしたくとも、助けることさえも困難な状況にあるのですから。


意見とか助言とか、そういった類のこと…
次元の違う話だと思うのですが、それをゴチャ混ぜにして、不満分子ばかりを溜め込んで。
相手の良い面(※長所)を何一つ直視しようとせず。


相手の悪い面(※短所)ばかりを必死になって探して、それを1つでも見つけたものなら…
世紀の大発見”とばかりに、1人で手放しで喜んで裁くだけの“聖人気取り”。


そういえば、「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」という諺がありますが…
そんな方には、こういった言葉も頭にないんですよね。


聞くなんてあり得ない 聞かぬ迄もなく自分が正しい」ですからね。
僕なんかとは、対極の世界で生きておりますからね。


そんな方のことを、僕は“聖人君子”と括っているのですが…
そもそも、聖人って、どんな方でしょう?


僕の中では、仏陀のように…
俗物的な欲を捨てて、真理の追究に励む人こそ、聖人ではないか?
と思うのです。自らの存在を“聖人君子化”している方は、明らかに…
俗物的な欲…というか、“自己中心主義的な欲”を1つも捨てられない傾向があると思うのです。


こういった方は、“聖人”ではなく…
ただの“成人”…いや、“成人未満”であることを認識すべきだと思うのです。
こちらが心を込めても響かない…そんなことは一切考慮しない、そんな人種なのですから。


情がない、愛がない…。
ただの手に負えない困ったちゃんですよ。


相手に対して、自分の意見を押し付けるヒマがあるなら…
この世の中で一目置かれるようなことをして…
周囲からも尊敬されていたり、評価されていたりすることを…
僕の目の前で見せて頂きたいものです。


他人の土俵に乗ることありきのような…
格好悪い行為なんか、絶対にして欲しくありませんから。


目の前にある現実を認め、目の前にいる人を許し、受け入れるとか。
仕事場も含め、常に笑顔で会話し、相手を楽しませるとか。


こういったことは、“聖人”は勿論のこと…
成人以上”ならば、概ねできることだと思うのです。僕レベルでもできることですから。

聖人君子化”しているなという意識がある方に、最後に申します。
公私共々、貴方の周りに人は集まりますか?
お金ではなく、人との縁とか…そういったものは充分ですか?
何れかがNoならば…その原因は、貴方や貴方が大切だと思っている方に原因はありませんか?


聖人”ではなく、“成人”でも良いではありませんか。
この世の中、“聖人気取り”より、“成人”として生きた方が楽しいと思いますよ。


少なからず、苦労はあるでしょうけど…
それを乗り越えることが自らの大きな人生経験にもなり得ると思うので…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails