Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
上信電鉄沿線をブラリ 其の壱(下仁田編)
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

上信電鉄沿線をブラリ 其の壱(下仁田編) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2014年3月21日 22:19 ]     

Category  03-D. 国内旅行記@関東(その他)      BBS


だるま@高崎駅 高崎駅@上信電鉄 上信電鉄6000系

…かなり前の話となりますが、“だるま”の画像の通り、高崎へ行ってきました。
そして、ここから分岐する上信電鉄の“一日全線フリー乗車券”を購入し、僅かな時間ではあったものの、沿線を少しだけ散策してみました。

一日全線フリー乗車券 上信電鉄車内01 上信電鉄車内02

上信電鉄は、高崎と下仁田との間を結ぶ全長33.7Kmの路線で…
起点の高崎も含め、20の駅があります。「新幹線が停車する駅が起点で、沿線の途中には、日本の“世界遺産暫定リスト”に登録されている富岡製糸場がある」となれば、観光面という意味でも恵まれている印象を受ける方もいるかもしれませんが、日本でいち早くモータリゼーションが進み、社会問題化した群馬県…。全線乗り通すと、片道だけで\1080という“高額運賃路線”であることからも分かる通り、厳しい経営状態を強いられているのが実情です。


山名駅 東富岡駅 上州一ノ宮駅

上信電鉄沿線の途中駅を撮った画像を並べてみました。
中央の東富岡駅のような近代的な駅舎もあるものの、その左の山名駅をはじめ、数多くの木造駅舎が残るなど、“ローカル線の趣きが色濃い路線”といえます。

上信電鉄車内03 上信電鉄車窓01 上信電鉄車窓02

南蛇井駅 上信電鉄車窓03 上信電鉄車窓04

上信電鉄車内05

高崎を発った時点では、それなりにいたはずの乗客も…
上州富岡を過ぎて暫くすると、ご覧の通り。“自らを含め、鉄道好きと思われる人間の僅か2名のみ”という状態になっておりました。所々で山も見えるなど、こんなノドカな車窓…個人的には、悪くないと思うんですけどね。話は逸れますが、途中には南蛇井(※読み:なんじゃい)という微笑ましい駅もあります。

千平駅 千平~下仁田間01 千平~下仁田間02

千平~下仁田間03 赤津信号所 千平~下仁田間04

千平~下仁田間05

終着駅の1駅手前となる、千平を過ぎると…
道路から離れ、民家もない、カーブと勾配が連続する…沿線唯一のチョットした山岳区間。途中には、赤津信号所があるのみ。「僕が小学生の頃、ここで正面衝突事故があったなぁ…」と思い出してしまいましたが、実は高崎から乗ってきた赤い車両(6000系)は、それを経験した車両…。通過中、ソッと祈りを捧げました。

下仁田駅01 下仁田駅02 下仁田駅03

下仁田駅04 下仁田駅05

高崎から約1時間で…
関東の駅百選に認定された、木造駅舎が残る終着駅の下仁田に到着します。元西武の車両を多く並べて撮影してしまうと、まるで秩父あたりで撮った画像のようですね…(;^^)

下仁田駅周辺01 下仁田駅周辺02 中央通り

さて、下仁田のイメージといえば、こんにゃくやネギ、妙義荒船といったところですが…
鏑川沿いに構える家なんかは、「なかなか凄いところに住んでいるなぁ…」という印象を受けました。下仁田は、日本ジオパークとして認定されていたので、もしかしたら、特徴的な地質であることも影響しているのかもしれませんね…。現在はシャッター通りという印象は否めませんが、かつては賑わったであろう、駅前の中央通りも含め…自らの想像とは全く異なる場所でした。なかなか面白い街です。

諏訪神社01 諏訪神社02

諏訪神社03 諏訪神社04

…ただ、人通りが少ないので、、、
この日の駅中心部は、見事な迄のアイスバーン状態。結局、簡単に行って戻って来れそうな諏訪神社へ向かうことにしました。

あまり期待してませんでしたが…
いざ足を運んでみると、画像左の通り。拝殿・本殿の壁面や虹梁は、見事な彫刻で埋められていて…凄かったです。反射的に、画像に収めてしまいました…(;^^)


<其の弐へつづく(※画像数などの関係にて分割)>

<Postscript>

常盤館 下仁田かつ丼@常盤館

この日のランチに関しては…
醤油だれが特徴の“下仁田かつ丼”。外観に惹かれ、下仁田駅近くにある常盤館で初めて食べましたが、サッパリ醤油だれもありですね!


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-D. 国内旅行記@関東(その他)」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails