Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
CHAGE&ASKAの名曲にも傷がついてしまう出来事…
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

CHAGE&ASKAの名曲にも傷がついてしまう出来事… 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2014年5月19日 06:49 ]     

Category  07-A. 作品関連 音楽  *  08. ニュース関連      BBS


ASKAが覚せい剤取締法違反(所持)容疑で、遂に逮捕されてしまいました。
個人的には、10年ほど前から…ですかね。ASKAの作品がCHAGEの作品と比較すると、「イマヒトツ、さえないなぁ…」という印象を抱いていたので、昨年、週刊誌で報道された際、「間違いなくクロではないか?」と疑ってました。ちなみに、僕の友人に、“筋金入りのASKAファン”がいるのですが、その方でさえ、同様の見解でした。このため、今回の件は、「時間の問題ではないか?」と、心の中では思っていたものの…残念な結果であったことは紛れもない事実です。。。


僕のように、1970年代中頃に生まれた日本人ならば…
CHAGE&ASKA(※敢えて、"and"としません)の曲を全く聴いたことがない!」と口にできる人間は、逆の意味で凄い…というくらい、彼らの知名度はありますし、リスナー側である僕たちの思い入れも深いですからね。そもそも、ソロ活動から振り返ってみても…

※“はじまりはいつも雨” by ASKA

※“WINDY ROAD” by MULTI MAX

※“LOVE” by MULTI MAX

※“ふたりの愛ランド” by 石川優子とチャゲ

※↑の曲を聴くと、赤坂泰彦が在籍していた東京JAPの…
 以下の“摩天楼ブルース”も思い出してしまうほど、僕は「ミリオンナイツ」を聴いてました。

…といった感じ(※1曲余計ですが)で、ヒット曲は数多くありますし、さらにさらに…
提供曲”まで範囲を広げると、光GENJIのデビューシングルからの3作(“STAR LIGHT”、“ガラスの十代”、“パラダイス銀河”)、あとは葛城ユキの“ボヘミアン”などが該当しますし、ASKAに関しては、USED TO BE A CHILDというチャリティーグループを結成し、小田和正と“僕らが生まれた あの日のように”という作品を共作したこともありました。


これだけ幅広くなると、CHAGE&ASKA名義の作品において…
思い入れが深い曲が1曲もないというのは、不思議な話でしかなくて…実は、僕も好きでした。「1980年代~90年代にかけての、CHAGE&ASKAの貢献度の大きさは、ファンでなくとも認めるべきではないか?」と思わず口にしてしまうくらいですから。


TOKYO FM系列のCHAGEの深夜放送に関しても、テープ録音という形ではありましたが…
何年にも渡って、CHAGEの「NORU SORU」→「ラジ王」を毎週聴いてました。ですので、CHAGEが“仕掛け人”となって、MEN'S 5の“"ヘーコキ"ましたね”がヒットしてしまった頃なんかは面白くて仕方なくて、あのときのことは昨日のことのように思い出すことができます。

…そんな訳で、チャゲアスに関して、人気が少し落ち着き始めた頃から…ですかね。
周囲に対して、「好きだよ」と言い始めたのは…そんな僕は、“天邪鬼なファン”です。。。


ちなみに、「CHAGE&ASKA名義で最も好きだった曲」という意味では…
LOVE SONG”や“PRIDE”、“no no darlin'”といったところは皆さんと同じように好きだし…そもそも、活動期間自体も長いですから、敬意を表して、シングル曲を挙げたくなります。さらに、そこから1曲に絞る場合、僕は“群れ”という曲を必ず取り上げます。「曲調も歌詞も重いバラードなので、ファンのウケは良くない」と聞きます。しかし、フォーキーでありながら、力強さも備えているところが僕は好きで、これほど味わい深い作品はないようにも感じます。尚、アルバムに関しては、やはり“群れ”が収録された以下の作品を高く評価していたりします。

…ただ、アレンジ迄含めると、個人的には以下の作品が“最高の出来だ”と思ってます。
アジア出身アーティストとして、初めて「MTV Unplugged」に出演した際の模様を収めた、“ライブアルバム”となります。

…お世辞抜きで、この作品には感動しました。
特に、“HANG UP THE PHONE”や“river”といったところの出来が抜群に良かったです!

…こんな感じで、彼らの曲を挙げ始めたらキリがないほど出て来るのに、、、
僕はこの瞳で嘘をつく”という曲のタイトルを深読みしなかったから、今になって、こうも傷つく結果となってしまったのかしら。


…そう感じた一方で、クリエイター側に関しても、、、

追い駆けて 追い駆けても つかめない ものばかりさ
愛して 愛しても 近づく程 見えない(※“太陽と埃の中で”より)

という歌詞もある通り、「ファンのために、無理しないで良かったのに…」と思ったりもします。
人間、何事もホドホドにした方が、色々傷つかなくて良いのでは?」と、今回の件を通じて、改めて実感した次第です。

<Postscript>

3年くらい前ですかね。仕事場の飲み会で、CHAGE&ASKAの曲しか流れない店を…
僕が幹事を担当したとき、飲み会の会場にしたことがありました。すると、「“SAY YES”や“YAH YAH YAH”といったところ以外、知りません」と若手に言われたことがありました。あのとき、ジェネレーションギャップを感じたものですが、今回の出来事で、その線引きがさらに明確なものになってしまうような気がします。残念な話ではありますが、個人的には、「曲(作品)に罪はない」という考えなので、今後も他のアーティスト同様、今迄通り聴き続けるつもりです。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「08. ニュース関連」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails