Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
2歳の息子と室内で遊ぶ ≪電車の運転ごっこ≫
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

2歳の息子と室内で遊ぶ ≪電車の運転ごっこ≫ 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2014年12月 9日 01:26 ]     

Category  01-A-02. こども成長記      BBS


前回の記事から、かなり間が空いてしまいました。
その間の出来事に関して、書きたいことはヤマほどあるのですが、僕自身、公私共に多忙の極みという状態にあり、自身のパソコンに電源を入れることすらままならないくらいの状況にありました。特に、仕事に関しては、想定外の大きなトラブルが週1くらいの頻度であり、そのうちの1つはシステムとは関係ない出来事…とはいえ、当事者の心を折れさせるには十分なもので、当面は1名欠員という前提で仕事を回さなけらばいけない状況にあるなど、難しい舵取りが続いてしまう見込みです。


…そんな近況はさておき、土曜日の話でもしましょうか。。。
実は、この日…天気が悪く、外の冷え込みも厳しかったので、お昼寝を終えた息子と室内で遊ぶことにしたのですが、数ヶ月前からウチの息子の“電車好き”がヒートアップ中で…。今では父親である僕と同じく…いや、それ以上の鉄道好きなのです。そこで、「息子が喜ぶような電車を絡めた遊び、何かないものかなぁ…」と考えてみたのですが、久々に良いアイディアが降臨しました。それが今回のタイトルである、“電車の運転ごっこ”です。


ちなみに、現在の息子のお気に入りは、緑色の車両で…
みどりでんしゃ!!」と口にします。首都圏の車両で申しますと、JR山手線や埼京線や常磐線…あとは、僕が平日の通勤で利用する東京メトロの千代田線、都営地下鉄新宿線といったところが該当します。千代田線であれば、1日数回とはいえ、青いロマンスカーも遭遇しますが、息子的には、「ロマンスカーよりも千代田線!」という感じで、東京メトロも苦笑いするしかないほどの“熱烈な大ファン”なのです。そこで、「YouTubeに、息子が大好きな千代田線の前面展望動画ってないかしら?」と思って調べてみたところ、なんと以下の通り、そんな映像があるのです。「マジか!!」みたいな。

この映像を利用して、電車が移動しているときはガタンゴトンと口にしたり、、、
カーブが差し掛かったら息子を左右に揺らしたり、電車が駅に止まったら、息子に扉の開閉を促したり、扉が閉まったら「出発進行!」と言わせてみたり…。息子、超大喜び!!(^▽^)


貧乏人の遠吠えなのかもしれませんが、ワザワザ鉄道博物館へ足を運ばなくても…
チョットした発想の転換で、親子仲良く楽しめる、現代に相応しい?電車遊びがあることを知ってしまいました…(;^^)


ちなみに、なんでこのようなことを思い付いたかと申しますと…
実は数年前から、障がい者の子たちと遊ぶボランティアの“カラオケ企画”においても、カラオケ屋ではなく、“iPadを使ったカラオケ”へ切り替わっており…1ヶ月ほど前ですかね。たまたま、楽しんだばかりだったのです。


つまり、僕の中では、今回の“電車の運転ごっこ”は…
iPadカラオケ企画の鉄道版”という感じで、個人的には、コスパ的にもハナマル。鉄道ファンの方に対しては、「大感謝です!!」としか言いようがないのです。千代田線の代々木上原⇒綾瀬となれば距離も長いですし、なにより40分超も楽しめてしまうのですから。


「なるほどね…」と感じた男の子の親御さん…
お時間がある際にでも、騙されたと思って試してみるのは如何でしょうか!?(^-^)/

<Postscript>

日本経済新聞の「鉄道が子どもの成長に必要な理由」という記事を発見してから…
男の子は、鉄道好きで良いんだ!」と開き直ってます(笑)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails