Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
2歳の息子と楽しむ鉄道旅行≪中京地区周遊編≫
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

2歳の息子と楽しむ鉄道旅行≪中京地区周遊編≫ 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2015年1月24日 21:52 ]     

Category  01-A-02. こども成長記  *  03-F. 国内旅行記@東海      BBS


昨年末の話とはなりますが、息子を連れて“日帰り鉄道旅行”を楽しんできました。
電車好きの僕の場合、海外にいても、時間があれば、数駅でも記念乗車は必ずやるのですが、今回はそんな僕でも殆どやった記憶がない、「電車の乗り換えを繰り返しながら、ひたすら移動を続けるだけ」ということを試してみました。

お母さんをはじめ、女性の立場からすると…
子育てに役に立つとは到底思えない」と呆れられてしまうのは間違いないでしょうね…。確かに、絵本の世界で済む話なのかもしれませんが、僕は、「少しでも多くの実物を見せた方が良いのでは?」という考えなので、その実践…という感じになりますかね…(;^^)

岐阜駅にて 知立駅にて01

ウチの場合、起点と終点は…
岐阜なのですが、今回は名鉄岐阜駅から。豊橋駅からの長距離電車も1時間に数本あるので、画像左のように、特急列車のお掃除のシーンを見ることもできます。息子には、興味深かったようですね。

大あんまき

右上の写真でなんとなく分かるかもしれませんが…
最初に目指した場所は、東西は名古屋本線、南北は三河線の山線&海線の電車が集う知立駅です。ホームへ降り立ったった途端、息子はあっちへ行ったり、こっちへ行ったり…さらに踏切もあるわで大喜び。大人からすると、知立といえば、画像左の藤田屋の“大あんまき”という感じなのですが…(;^^)

ところで、何故、名鉄を選んだのかと申しますと、ここに“大きな理由”があります。
実は、ウチの息子…「電車と同じくらい、吊り革に捕まることが大好き」なのです。見つけてしまったときは、もう大変…掴んで離さないし、僕が座ろうとするものなら、大声で泣きじゃくる始末。こう見えても体重があり、もはや手がかかる…というレベルではないので、息子を抱っこし、大好きな切符(μチケット)を流れで購入させて、特別車両…。というのも、μチケットは豊橋迄利用しても、360円の追加だけで済みますし、吊り革もありませんから、力づくで僕のモモの上に息子を座らせれば、「あとは一安心…」みたいな。最初に体力を温存しないと後が大変ですからね…(;^^)

知立駅にて02@三河線 豊田市駅にて01 豊田市駅にて02@鶴舞線

新豊田駅にて@愛環線

知立駅では、三河線の“山線”へ乗り換えました。
そして、豊田市駅へ向かいました。これにも理由があります。ウチの息子、“青い電車と緑色の電車が大好き”なのです。「豊田市の駅で鶴舞線の車両と遭遇するかも…」と閃き、さらに「愛知環状線の車両は緑か青だ…」というのが理由でしたが、この選択も正解でした。豊田は色々な国籍の方もいるからか、どこかノンビリとしてて、真剣な眼差しで見つめる息子に、運転士さんもワザと警笛を鳴らしてくれたり、親としては心温まるシーンを堪能することができました。

徒歩で新豊田駅へ移動してからは、今度は愛知環状線に乗り換えて…
リニモが分岐する八草駅へ向かいました。息子向けに、電車関連の絵本を読んでいたとき、「窓が大きくて、車両のデザインが斬新だなぁ…」と思いましてね。僕自身、この目で見てみたくなったのですが、高所を通るときに示す、息子がどんな反応を示すかにも興味がありました…(;^^)

リニモ01 リニモ02 リニモ03

リニモ04 リニモ05 リニモ06

リニモの車両の中は、ご覧の通りです。吊り革も少なく、息子も気が付きませんでした。
さらに、運転士さんがいない“自動運転”ですから、そこに抱っこしてた息子を腰かけさせたら、特等席…父の立場としては、「やっと休み時間ができたよ…」という感じでしたが、愛・地球博記念公園付近は遊園地に遊びに来たかのような感覚で、思わず2人で大興奮…。車窓も素晴らしく、首都圏で例えると、「ゆりかもめに乗っているような感覚」でしたね。ちなみに、帰宅してからも息子は、電車の絵本を見ながら、「リニー、リニー、おとうちゃんと乗ったリニー」と度々口にするなど、大喜びという感じでした。

東山線@藤が丘駅 桜通線@今池駅

この後、終点の藤が丘駅で…
東山線へ乗り換え、名古屋へ…と思ったのですが、息子を見ていると、「チョット飽きたかな?」という印象を受けたので、今池駅で敢えて桜通線へ乗り換え、名古屋駅経由で岐阜駅へ戻る…といった感じで、今回の父子の電車旅を纏めました。

ところで、息子くんですが、この数ヶ月のコミケ能力の成長に関しては…
目を見張るものがあります。数ヶ月前迄は、「喋れるようになるのかなぁ…」と思っていたのですが、保育園のクリスマス会のときには、「~先生」、「~くん」、「~ちゃん」と紹介してくれたり、家で電車の絵本を読み始めると、「おとうちゃん、絵本読みたい!」(※おい!と思いますが)と言い始めたり…。拘りは強いものの、小さな変化にすぐ気が付き、興味を持つ性格は長所かなという印象は受けてます。でも、大人と同じようになりたいのか、今はその長所以上に、典型的なイヤイヤ期突入中という感じなんですけどね。おかあちゃんの言うことを聞いて、食事をはじめ、キチントして欲しいんだけどなぁ…。

<Postscript>

息子と電車に乗るときは、先頭車両か、最後尾の車両に乗車するようにしているのですが…
ウチは電車から降りたら、笑顔で手を振って見送るようにしております。今回は名鉄の三河線、愛環線、東山線で計5回試したのですが、5戦5勝?でした。運転士さんや車掌さんの皆さま、ご協力頂き、どうもありがとうございます…(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails