Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
川崎市の中学生殺害事件の現場へ行ってきました
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

川崎市の中学生殺害事件の現場へ行ってきました 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2015年3月 1日 15:53 ]     

Category  01-E-02. 地元系日記@川崎市内&周辺  *  08. ニュース関連      BBS


川崎河港水門

多摩川@川崎河港水門手前

京急川崎駅から大師線に乗車して1駅。
港町という駅があるのですが、そこから徒歩5分ほどのところにあるのが川崎河港水門(※国登録有形文化財)。

当時の多摩川改修事務所長で内務省の土木技師であった…
金森誠之に設計された水門は、大正時代末期にあった川崎の幻の大運河計画の存在を物語る希少な歴史遺産で、当時の予算で54万円の費用と約1年半の歳月をかけ、1928年(昭和3年)3月に完成したものだそうです。

渦巻き模様と飾り窓のついた塔の上には…
当時の川崎の名産物であった梨やブドウ、桃などをモチーフとした巨大な彫刻、側面には川崎市の市章をあしらうなど、現在の多摩川河畔の景観において、欠かせないシンボルの1つといえます。

…そんな歴史を刻んできた水門の真下で起きた出来事がタイトルの事件です。。。
まだ幼いものの、僕も息子を持つ父親の1人です…。昨日の15時過ぎ、静かに手を合わせてきました。陽が沈んだ後は、目撃者などいる訳がない、あの現場で…。

パッと見た限りの印象でしかありませんが、、、
昨日も水門の周りには150名ほどはいたように思います(※マスコミ含む)。おそらく、僕と同じように何かせずにはいられなかった…という方なのでしょう。


しかし、この事件…調べれば調べるほど情報が出てきますね(※参考:NEWS まとめもりー)。
現時点で3人の少年が逮捕されておりますが、「加害者の犯行内容が凄惨なもの」であるため、それに対する憤りがある(※“イスラム国ごっこ”なんて記事を見たときは唖然としました)ことは勿論ながら、それ以上に、犠牲になった彼があまりにも不憫というか…。

インターネット上の情報を調べた限りですが、「漁師をやりたい」という父親の希望により…
町のIターン制度を利用して、隠岐の西ノ島(島前)へ一家で移住したものの、両親は彼が小学校3年生のときに離婚…。以降、生活は次第に苦しくなり、母親の実家がある川崎へ移住…となるのですが、彼は5人兄弟の2番目ということで、「母親に対して、悩みを素直に打ち明けられる状況になかった」ように感じます。そうでなければ、「担任が5回も自宅を訪問し、33回携帯等に連絡するも会えない」ということもなかったはずですから…。少なくとも僕には考えられません。

菜の花栽培?

野球を楽しむ子どもたち

あと、気になったのは、今の時代…
片親での5人の子育て自体に無理があると思うのですが、犠牲になった彼の父親は養育費を払っていたのでしょうか。今更、悔やんだところで、時間も彼も戻ることはありません。僕も含め、大人はもっと子どもに関心を持ち、これ以上、子どもの犠牲者を増やさないことが役目となっているように感じます。

そもそも、京急大師線沿線にしたって…
僕が学生時代のときから治安が良いイメージはありません。海際へ行けば行くほど、人の数も少なくなるなど、極論、なんでもありの無法地帯…というイメージが付いて何十年経っているでしょうか。「起こるべくして起きている」という印象は否めませんよね。

せめて、多摩川の河川敷で野球を楽しそうにプレーしている子どもたちが成長した頃には…
日本も変わって欲しい」と願うべく、川崎大師へも立ち寄った後、この日は帰宅しました。


<Postscript>

殺人容疑で逮捕されたリーダー格の少年の父親の…
代理人を通じてのコメントもチェックしましたが、酷いですね(※参考:ニュース速報Japan)。今回の事件の前にも、息子が数え切れないほどの“悪事”を重ねておりながら、被害者の立場を全く鑑みようとしないのですから。誠意が感じられないコメントを思うと、「父親も父親だなぁ…」という感じですね。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「08. ニュース関連」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails